銀行員が転職するにあたってやるべき事とは

主人が私と結婚後も10年以上は銀行員をしていたのでおおよその銀行の仕組みや出世の早さ、また出向先から本店に栄転出来る割合など本人から聞いた範囲で理解しています。数年単位で転勤があるので沢山の上司や部下の奥様とのお付き合いを通しても色々知り得ました。

どのような経緯を得て転職をしたいと思ったかによってスムーズに転職活動が進むか否かは大きく変わってくるでしょう。もちろん罪になるような不祥事とまではいかなくても、何か重大なミスを本人がした場合や上司や女性関係のトラブル、プライベートでの金銭問題などを抱えてしまった場合は全くの畑違いの職場でしか通用しなくなる事は言うまでもありません。
転職しようと決めたら、学生時代の友人や信頼関係があり個人的にもお付き合いをしている取引先の方などにも自分の転職願望や、今までの実績を話して新しい職場を探しているという事を伝えておくのも一つの手段でしょう。銀行員というのはやはりお金を扱う仕事なので信用度が大切です。優秀な信頼出来る銀行員だった知り合いを自分の会社のポストに就いて欲しいと思う人もいるかもしれません。色々な所にアンテナを立てておくのが良いでしょう。

主人は友人が務める会社の上司から経理関係全般を見て欲しいというお話を頂き転職しました。お給料などの待遇も銀行員時代よりもかなり優遇して頂けて本人も私も満足しています。転職をしようと決めた時から友人に仕事の事を相談していたようで良いお話しを頂けました。

銀行員で役員クラスになれるのはほんの一握りで出世は諦めたので転職したいと思う人や、銀行の体質に合わないという人もいるでしょう。自分をより活かせる場所で働くのが未来にも繋がってきます。辞めるまではじっくりと考え答えを出し、転職すると決めたら迷わず進みましょう。

ginkou

銀行員はカタイ職業? アパレルと比較してみた

銀行員はカタイお仕事。もっとフランクに働きたい。というお悩みを持つ方もいるみたいですね。そこで、フランク"っぽい"仕事の代表格であるアパレル職との比較をしてみました。

相違点

銀行員はスーツ。アパレルは私服

銀行員といえばぱりっとしたスーツ、もしくは制服です。それに対してアパレル職は自分で日々の服を用意します。私服OKという意味ではフランクですね。

銀行員はデスクワークが多い

銀行員は(営業職だったとしても)デスクワークが多いですね。それに対してアパレル職は基本的には身体を動かす作業もかなり出てきます。

共通点

それに対して共通点としては、

接客のクオリティを求められる

個人・法人いろいろありますが、アパレルも非常に接客にはきをつかうところです。

ノルマがきつい

ノルマがきつすぎて銀行員を辞めたくなる人は多いのですが、実はアパレルも同じだったりします。。

apparel-bank

特に女性銀行員の場合、華があるイメージのアパレル職に反動で憧れる女性は多いようです。
でもアパレル職も実はとても大変です。接客やノルマの厳しさは銀行並にきついですし、私服OKといっても、自分で服を購入しなければならず、その費用がかさんで辛いといったこともあります。
このあたりのアパレル職の方の悲痛な叫びは、こちらのサイトにまとまっているので、観てみると面白いかもしれません。
アパレル 辞めたい

とはいえ、独特の華があるのは確かですし、楽な仕事をしたいのではなくきつくてもアパレルの仕事をしたい、ということであれば転職を検討してもいいかもしれませんね!

クレジットカードの限度額