銀行員を辞めずに、キャリアアップで仕事を楽しくする方法

私も銀行で8年間働いていました。銀行の中では、お金は1円でも合わないと大変なことになります。時間制限の仕事もありました。ピリピリした間違いの許されない仕事で、お客様の前では笑顔でいるため、銀行員はイライラした人が多い職場でした。

辞めずに仕事を楽しくする方法は、キャリアアップしていくことです。自分の頭と腕を磨いていきます。
銀行員は転勤が多い職場です。人間関係がうまくいかなくても、近い将来転勤になる可能性があります。特に、職場の仲を乱すような人は、転勤してきたばかりでも、半年ほどで転勤になります。転勤になるまでの我慢と思って、気楽にしています。永遠続くことはないので、自分の仕事を楽しんでいました。
私は苦手な人がいても、仕事ではしっかり向き合って仕事していましたが、プライベートでは付き合わないように、自分に不利なことは話をしないように気を付けていました。
そんな人は、どこに転勤しても嫌われて、転々としています。仕事もあまりできません。上司にも好かれません。人付き合いが苦手なので、銀行員に向いていないようでした。
仕事を楽しむのは、どうすれば早く仕事をこなしていけるかを目標に、手に頭に覚えこんでいき、仕事の完璧を目指していました。8年間の銀行員生活で、内勤の仕事はすべて完璧にできるようになっていました。

人間関係で、自分のやりたい仕事を曲げてはもったいないです。
私は、窓口の仕事がしたくで、銀行員の採用試験に臨みました。念願の窓口業務ができた時はうれしかったです。窓口のロールプレイング大会に出場し、入賞できた時は頑張りが認められたようで、仕事が楽しくなりました。頑張りは、上司の方は見てくれています。

私は、結婚し遠方へ引っ越すことになったので、やめることになりました。引っ越した先でも、銀行員の仕事を探していましたが、妊娠してつわりがひどく、できませんでした。子供が少し大きくなってから、銀行のパートで採用試験を受けましたが、面接ではほぼ決まりの声をもらいましたが、結果はダメでした。
銀行の仕事今でもしたいです。嫌なことも辞めたいなと思ったこともたくさんありましたが、転勤で人間関係がどんどん変化していったので、続けることができました。
人間関係も、仕事内容も日々進歩します。キャリアアップすると、もっと楽しく仕事ができます。頑張ってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

クレジットカードの限度額