仕事に行きたくない銀行員の気持ちが気軽になる方法

結婚まで銀行員として働いていました女性です。主人の赴任先について行く事になり退職となりましたが、女性独特の世界も男性の厳しい世界も目の当たりにしてまいりました。今なら客観的目線でアドバイスができると思います。

今の日本では一度退職するとなかなか正社員、正職員として採用されません。ですので、ぐっと我慢する方法、気持ちを楽にする方法についてアドバイスしたいと思います。
多くの方が仕事で悩まれるのは、主に人間関係だと思います。ですが幸いなことに銀行員には「人事異動」があります。必ず周りも代わりますし、自分も代わります。時は必ず流れていきます。時期がくれば退職する人も新しく入ってくる人もいます。今と同じ環境は永遠と続かないですし、自分自身も新しい環境、役職へ変わることもきっとあります。
もし今人間関係に悩んでいらっしゃるなら、人事異動の時期までの我慢と思えば少し気が楽になるのではないでしょうか。そしてその今のしんどい期間は、家族、友人、習い事等々別の場所に居場所を見つけてはいかがでしょうか。スキルアップのための勉強に費やしても良いかと思います。自分はどこかで必要とされているという、少し高慢かもしれませんが、人間それくらい厚かましい気持ちでいるくらいが銀行で生き延びていくにはちょうど良いかもしれません。

実際に銀行員として勤務している中で仕事がつらい理由はやはり人間関係でした。あまり思い悩み過ぎず、時が解決してくれるというくらいの楽観的思考が必要だと感じました。

「歳月人を待たず」時間は人を待つことなく刻々と過ぎています。銀行員を辞めたいと思うのも、長い人生から見るとほんの一瞬の出来事だと思います。より良い時間を過ごせることを願っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

クレジットカードの限度額